アプリ使ってみた

おすすめのiPhone向けアプリの紹介など。

【LINE 便利技】友だちをホーム画面でアイコン表示する方法

使っていない人を探す方が難しいほど普及したコミュニケーションアプリLINE
1日になんども使うからこそ、もっと便利にしたいですよね。

 

今回ご紹介するのはLINEの友だち(トーク)をホーム画面に表示する方法です。
よく使うものを設定すると、通常起動に比べてスムーズにより早く使えます。

表示方法はiPhoneAndroidで異なります

 

※左がiPhoneウィジェット表示/右がAndroid:アイコン表示

f:id:apper:20170429220544p:plain   f:id:apper:20170429221144p:plain

iPhoneAndroidで表示できる場所と内容が違います。
iPhoneの場合:友だちをウィジェットでホーム画面に表示する方法
Androidの場合:トークをホーム画面でアイコン表示する方法

 

iPhoneの設定方法

ウィジェットを設定すればワンクリックでトーク画面が表示されます。
さっそく設定をしていきましょう。

 

手順1
ウィジェット画面を表示します。(左から右に画面をスワイプ。一番左にあります)
画面の「編集を押します。

f:id:apper:20170429223557p:plain

 

手順2
画像左:ウィジェットの一覧が表示されます。その中からLINEの隣にある
    「」を押します。
画像右:LINEが画面上部に表示されたら「完了」を押します。

f:id:apper:20170429223929p:plain   f:id:apper:20170429224138p:plain

 

手順3
画像左:ウィジェットにLINEが表示されたら「人型マーク」を押します
画像右:一覧から表示したい「友だち」を押します

f:id:apper:20170429225021p:plain   f:id:apper:20170429225650p:plain

 

手順4
ウィジェットで表示するためにはお気に入り登録をする必要があります(お気に入り登録することで相手に通知されることはありません)
画面中央の「」を押してお気に入り登録をします

f:id:apper:20170429230205p:plain

 

完成
例として公式アカウントでやってみたので通話マークが薄く表示されていますが、
一般の友だちアカウントを追加すれば
💬(吹き出し)でトーク画面が開き、📞(電話)で通話が始まります。

f:id:apper:20170429220544p:plain

 

 

 

Androidの設定方法

友だちアイコンをホーム画面に設定すればワンクリックでトーク画面が表示されます。
写真付きで表示されるので便利です。
※アイコンはトーク用と通話用の2種類が設定できます

 

手順1
画像左:トーク画面右上の「」を押します
画像右:開いたオプションから「トーク設定」を押します

f:id:apper:20170429234232p:plain   f:id:apper:20170429234359p:plain

 

手順2
トーク画面のアイコンを作成したい場合は赤色の「トークショートカットを作成」を、
通話アイコンの場合は青色の「無料通話ショートカットを作成」を押します。

f:id:apper:20170429234716p:plain

 

完成
例はトーク画面を開くショートカットアイコンですが、通話アイコンは押せばすぐに繋がるのでさらに便利でした!(オススメ)

f:id:apper:20170429221144p:plain

 

普段はiPhone派ですが、
LINEのショートカットアイコンの便利さの点ではAndroidがうらやましかったです。

 

販売元:LINE Corporation
掲載時の価格:無料
カテゴリ:ソーシャルネットワーキング
サイズ:212 MB
バージョン:7.3.0 

Foodie(フーディー):食べ物以外もきれいに撮れる!おすすめカメラアプリ

たくさんあるカメラアプリのなかでもこれはオススメです。

 

f:id:apper:20160623223018p:plain

 

Foodieはコミュニケーションアプリ「LINE」が出しています。特徴は「食べ物の撮影に特化したフード専用カメラアプリ」です。

現在たくさんのカメラアプリが存在し、それぞれフィルターなどの加工が可能なアプリがありますが、素敵な写真が撮りたい!と思ってもセンスが必要だったり、
いちいち撮影したものがSNSに投稿されるのも面倒くさい…

そんな人におすすめなのが、このFoodieです。

 

とにかく食べ物が美味しそうに撮れる!

仕事柄、食べ物の写真を補正、加工することが多いのですが、その際に一番調整することが多いのが彩度(色の鮮やかさ)と、明るさだったりするのですが、このアプリは26種類を超える食べ物が美味しそうに見えるフィルターが用意されています。

フィルターの切り替えは撮影画面で左右にフリックするだけ。
私は初回起動時からずっと同じフィルターでなんでも撮影しています。

 

f:id:apper:20160623225406p:plain

 

同じ角度、距離、物をiPhoneの標準カメラで撮影したもの(左)と、
Foodieで撮影したもの(右)

 

f:id:apper:20160623230202p:plain f:id:apper:20160623230400p:plain

 

テーブルも飲み物も茶色い…笑
わかりづらいですが、YU2(おいしく)フィルターで撮影しました。それ以外の加工等は一切していません。

 

グルメ雑誌のアングル「真上撮り」もできちゃう

カメラの水平を感知して画面で教えてくれるベストアングル機能も便利!

 

f:id:apper:20160623230943p:plain

 

撮影画面がこのように黄色く「TOP」と表示されたらベストアングルです。

さらに他にも充実の機能を搭載。

まるで一眼レフカメラで撮影したかのような写真が撮れる「アウトフォーカス機能」や、暗い場所での撮影も可能にする「明るさ調整機能」「トーチ機能」など加工オプションも充実しています。また、InstagramTwitterといったSNSへの「共有機能」などカメラアプリとしてのベーシック機能も備えております。

 

Androidでも利用できます。
食べ物、人、ペット、風景など。マルチに活躍してくれる優秀なカメラアプリです。

 

appsto.re

販売元:LINE Corporation
掲載時の価格:無料
カテゴリ:写真/ビデオ
サイズ:21.5MB
バージョン:1.2.3